時事

【市立柏高校吹奏楽の顧問】石田修一の顔画像は?自殺した次の日に練習再開していた

【市立柏高校吹奏楽の顧問】石田修一の顔画像は?自殺した次の日に練習再開していた

2018年12月、市立柏高吹奏楽の男子生徒が部活の練習時間が過労死ラインを超えていたことで自殺した可能性が高いことが判明しました。

顧問の石田修一の顔画像などを調査しました。

高校2年の吹奏楽男子生徒が自殺

 千葉県柏市の市立柏高で2018年12月、吹奏楽部に所属する2年の男子生徒が自殺した。市の第三者委員会が今年3月末に公表した調査報告書は、自殺の直接的な原因は特定できなかったとする一方、背景として部活の長時間練習を挙げ「授業時間と合わせると過労死ラインをはるかに超える。過多であったことは明らかだ」などと指摘。吹奏楽強豪校の過酷な練習実態を明らかにしただけでなく、学校側のずさんな対応も批判した。

男子生徒は18年12月5日午前2時15分ごろ、柏高の中庭で倒れているのを巡回中の警備員に発見された。男子生徒のかばんからは「幸せな最期を迎える」という自殺を示唆するメモが見つかり、状況から自殺したとされる。前日も部活動の練習に参加、部員たちは第三者委の調査に、普段と変わった様子はなかったと振り返る。  男子生徒は小学生から吹奏楽を始め、中学生からはパーカッションを担当。コンクールでの受賞経験もあり、マーチングをやりたいという思いから吹奏楽部の強豪校の柏高に進学した。父親には、将来は音楽関係の仕事に就きたいと話していたという。

引用:Yahoo!

過労死レベルの練習時間とは?

記事によると

部の正式な練習時間は平日が午後4~7時、休日は午前8時~午後5時ごろとされる。だが報告書によると、時間内に終わらないことが多く、休日は午後9時を過ぎることも。

さらに「自主練」として朝練や昼練、居残り練習にもほとんどの生徒が参加し、事実上義務付けられていた。  

結果として平日で約5時間半、休日で約11時間の練習が行われていたと認定。「平日で2時間程度」などとした国の文化部ガイドラインを大きく超過していた。

1カ月で計192・5時間となり、生徒が受ける授業時間(平日7時間と仮定)も含めると計346・5時間に。

これは、労働者の「過労死ライン」とされる1カ月当たりの総労働時間(240時間)を大幅に上回っていた。

と記載されています。

そのため、男子生徒の思考回路が正常な状態ではなかったということ。

顧問:石田修一の顔画像や経歴

  • 名前:石田修一
  • 生年月日:1954年
  • 出身:北海道
  • 役職:柏市立柏高等学校吹奏楽部総監督

この他に

  • 千葉県吹奏楽連盟副理事長
  • 全日本吹奏楽連盟東関東支部理事
  • 日本音楽教育文化振興会評議委員
  • 日本管打吹奏楽会副執行役員
  • 日本高等学校吹奏楽連盟副理事

などの役職についています。

男子生徒が自殺した翌日に練習再開していた

さらに、男子生徒が自殺した翌日には練習を再開。

その練習で泣きだしてしまった生徒など、メンタルケアが全くされなかったことも問題になっっています。

男子生徒の死亡が判明した翌日の6日に練習を再開、この日の練習中には複数の部員が泣くなどし、動揺が広がっている様子だったという。報告書は、再開前に生徒の意見を一切聞いてないなどとして「生徒への心のケアという観点から疑問が残る」とした。

【市立柏高校吹奏楽の顧問】石田修一の顔画像は?まとめ

当時高校2年生が、部活の練習時間が長すぎて過労死レベルを超えていたことについて、顧問の石田修一の顔画像などを調査しました。

 

 

-時事

© 2022 everydaytopi Powered by AFFINGER5