時事

新井満の死因は誤嚥性肺炎!激痩せして心配の声!

2021年12月4日

新井満の死因は誤嚥性肺炎!激痩せして心配の声!

「千の風になって」の訳詞と作曲で知られる芥川賞作家の新井満さんが亡くなったことが判明しました。

新井満が死去

「千の風になって」の訳詞と作曲で知られる芥川賞作家の新井満(あらい・まん=本名みつる)さんが3日午前8時46分、誤嚥性肺炎のため函館市内の病院で死去した。75歳。新潟市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻紀子(のりこ)さん。

死因は誤嚥性肺炎

新井さんの死因は誤嚥性肺炎と記載されています。

誤嚥性肺炎とは、

嚥下機能が低下すると、食べ物などが口から気管に入ってしまいます。これが誤嚥(ごえん)です。誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患です。

 

新井満は痩せていた?

ネットでは、誤嚥性肺炎になるほど、喉の筋肉が衰えていたのでは?という声がありました。

 

 

 

-時事

© 2022 everydaytopi Powered by AFFINGER5