時事

au通信障害で賠償金はもらえる?二ヶ月無料などの対策は出ているのか!

au通信障害で賠償金はもらえる?二ヶ月無料などの対策は出ているのか!

KDDIの大幅な通信障害が、かなり問題となっています。

ここまで伸びるということは、個人への損害賠償などはどうなるのでしょうか。

au通信障害

2022年7月4日現在も復旧していない

その中でも損害賠償についての内容もありました。

KDDIの損害賠償は?

KDDI側は、損害賠償などの対応はどうしているのでしょうか。

一部ネットでは

2ヶ月無償にならないか?

などの声が見受けられました。

 

KDDIの個人向けサービスの契約約款では、通信サービスを「全く利用できない状態」が24時間以上続いた場合、損害賠償を支払うとの規定がある。ただ、今回の通信障害では、音声通話やデータ通信が「利用しづらい状況」が続いており、損害賠償の対象に当たるかどうかは不透明だ。

 KDDIの携帯電話サービスのauと、格安ブランドの「UQモバイル」や「povo(ポヴォ)」の個人契約数は2022年3月時点で計3097万件に上る。仮に、今回の通信障害が損害賠償の対象となった場合、多額の賠償コストが発生する可能性もある。

と現在では損害賠償が支払わえることはにないと記載されています。

 

ネットの声

わざわざクソ高キャリア契約して、この仕打ちは草生える

ドコモのmvnoで十分やんけ

ふざけんな、まる3日繋がらねぇんだぞ、仕事にならねえわ

まとめ

auによる大規模な通信障害によって、かなりの多くの企業や個人が仕事や緊急対応などに奮闘していることが判明しました。

その中で、KDDI側の損害賠償についての情報をまとめました。

 

-時事

© 2022 everydaytopi Powered by AFFINGER5