広告 芸能

BE:FIRSTが口パクで謝罪ってどうゆうこと?加工しすぎてヤバい真相も調査

BE:FIRSTが口パクで謝罪ってどうゆうこと?加工しすぎてヤバい真相も調査

男性7人組ダンス&ボーカルグループ「BE:FIRST(ビーファースト)」は、2022年4月29日に日テレ「BE:FIRST TV」で歌唱シーンを披露しました。

このとき、音源がおかしい!口パクをしていたのではないかという声が殺到したことが判明しました。

BE:FIRSTが口パクで謝罪ってどうゆうこと?

話題になったのは、2022年4月29日に日テレ「BE:FIRST TV」で歌唱シーン。

@sachibesty みんな歌が上達してルゥうう好き#befirst #befree#BEFIRST #besty #befirst好きな方と繋がりたい #befirsttv ♬ original sound - Sachi 🎵 - Sachiベスティー

YouTubeでは正しいパフォーマンスがアップされていますので、問題の歌を見ることが出来ません。

ですが、リアルタイムで番組を見ていた人はかなり違和感があたようですね。

本当の動画を見た人は、「そうそう!これが生歌!」と言った声がたくさんありました。

BE:FIRSTは口パクではなく過誤

結論から言うと、BE:FIRSTは口パクではなく実際に歌っていたのですが、スタッフ側の過誤で間違った音源を流してしまったことが原因でした。

「BE:FIRST TV」は生放送ではなく収録ですので、入れる音源を間違えてしまった。

ということなのではないでしょうか。

実際に、番組公式サイトから謝罪の言葉が述べられていました。

口パクは絶対にしていない!と強調されていますね。

BE:FIRSTの声は加工しすぎ?

SNS上には「口パク?それとも加工強すぎ?」「口パクだよね?CD音源と全く同じ。何があったんだろ?」

「整音しすぎかな。せっかく歌うまいのに口パクっぽく聴こえる。勘違いされたくないよ」
引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/04/29/kiji/20220429s00041000373000c.html

声の加工しすぎた?という声もありましが、実際は入れる音を間違えてたということですので、加工・整音をしすぎたわけではないですね!

 

まとめ

BE:FIRSTの口パク疑惑について調査しました。

基本的に口パクではなく、しっかり歌っている印象が強いBE:FIRST。

今後の活躍がさらに楽しみですね!

Multiplex

-芸能