芸能

古川雄大はハーフではなく長野県民!英語が上手いのは努力の賜物!

ミュージカル俳優で大活躍している古川雄大さん。

彫りの深い顔立ちに、キリッとした目つきの王子様系のイケメン。

女性から人気を集めています。

実は、英語もペラペラだという古川雄大さん。

彫りの深いルックスや英語力から、ハーフではないかという声が多くありました。

調査すると、古川雄大さんは長野県出身の純日本人

英語が話せる理由は、練習に練習を重ねた結果だそうです!

英語力はどうやって練習したのか、なぜ練習したのか気になりますよね。

そこで今回は、古川雄大さんはハーフではない真相と、英語が話せる理由を調査しました。

古川雄大はハーフではない

古川雄大はハーフではなく長野県民!英語が上手いのは努力の賜物!

古川雄大さんの出身は、長野県ということが分かっています。

場所は、長野県上高井郡高山村です。

落差30mもある雷滝(かみなりだき)が観光スポットで有名な場所。

海に触れる事のない地域で、森林が多い自然豊かな地域ですね。

両親情報は少ないですが、父親は長野県高山村の果物農家を営んでいるそうです。

母親は、果物農家ということで父親のお手伝いをされていたのではないでしょうか。

ご両親は、古川雄大さんが出演する舞台に足を運んでくれている情報もあります。

息子を応援している、優しいご両親ですね。

そんな古川雄大さんは、最近になって「父親に似てきた」そうです。

父親もきっとイケメンなんでしょうね。

古川雄大は英語がペラペラですごい

古川雄大はハーフではなく長野県民!英語が上手いのは努力の賜物!

古川雄大さんが、英語をペラペラにしゃべれる理由を調査しました。

「コンフィデンスマンJPプリンセス編」で、クリストファー・フウ役を演じた時にキレイな発音で英語をしゃべっていたことが印象に残っていますね。

古川雄大さん、もともと英語は得意ではなかったそうです。

英語のセリフが多いクリストファー・フウ役を完璧に演じる為、3人の英語指導者の元で勉強したんだとか。

つまり、役つくりのために苦手な英語の練習を積み重ねてきたということです!

 

共演者からも、「普段から喋られる方なのかと思っていた」と思わせるくらい発音も完璧

苦手な英語も完璧にまで仕上げる、努力家ということが分かりますね

これも全て、古川雄大さんの努力の結果、手に入れた武器です。

他にも、朝ドラ「エール」で演じた御手洗先生の英語をしゃべる部分が多くありました。

こういったことから、古川雄大さんの英語が話せるということに繋がったのかもしれませんね。

英語が話せるようになって、より幅広く役も増える事になったと思われます。

古川雄大プロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

古川雄大(@yuta_furukawa_official)がシェアした投稿

  • 名前 古川雄大 (ふるかわゆうだい)
  • 生年月日 1987年7月9日(2022年現在35歳)
  • 出身地 長崎県上高井郡高山村
  • 身長 182㎝
  • 趣味 クラシックバレエ・ギター・卓球
  • 所属 研音

高校卒業後に上京し、ディズニーシーのダンサーとして活躍しました。

テーマパークのダンサーは、とてもハイレベルな実力がなければなりません。

つまり、古川雄大さんのダンスレベルは、かなり高いことが分かりますね。

その後、ミュージカル舞台で一躍有名になり、今ではドラマ出演や音楽活動も始めています。

ダンスもきっと、人並み以上の努力を積み上げたのではないでしょうか。

とても、努力家な性格ですね。

古川雄大はハーフではなく長野県民!英語が上手いのは努力の賜物!まとめ

今回は、古川雄大さんはハーフなのか、英語が話せる理由を調査しました。

  • 古川雄大さんは、長野県出身で純日本人
  • 実家は、長野県高山村で果物農家を営んでいる
  • 英語はもともと苦手科目だった
  • 役つくりのために、猛練習を重ねて発音を完璧にした

以上のことが分かりました。

彫りの深いキレイな顔立ちをしたイケメンのミュージカル俳優

歌手活動も開始し、ますます活躍の場が広がっていますね。

苦手な英語も、練習を積み重ねる努力家なのも見習いたいところです。

古川雄大さんの今後の活躍を応援していきましょう。

 

古川雄大と横浜流星が似てる!似てる芸能人7選を画像比較してみた!

 

古川雄大は結婚していないが彼女は葵わかな?歴代彼女3人も大調査!

 

 

-芸能

© 2022 everydaytopi Powered by AFFINGER5