広告 イベント

ひょうたん桜公園2024花見の駐車場やアクセスは?混雑状況や開花状況も調査

高知県吾川郡(あがわぐん)仁淀川町に、樹齢約500年のひょうたん桜があります。

天然記念物にも指定されている古木で、この周辺を囲う広大な山々も含め、迫力のある花見スポットです。

そこで今回は、高知県にある「ひょうたん桜公園」について調査しました。

ひょうたん桜公園

住所:高知県吾川郡仁淀川町桜994

桜:1本(その他)

料金:無料

ライトアップ:なし

屋台:あり

ひょうたん桜とは

ひょうたん桜は、天然記念物にも指定されている古木「エドヒガン(ウバヒガン)」の事です。

つぼみの形がひょうたんに似ていることから「ひょうたん桜」の愛称で親しまれています。

高さ21m、根本周り6mで圧倒的な存在感を放ち、春を終えると静かに眠ります。

20年以上前にもう1本あったのですが、台風の影響で折れてしまって、今は1本のみです。

1本ですが、このひょうたん桜を見るために全国から花見客が来ますので、見る価値はありますね。

ひょうたん桜公園 花見駐車場

ひょうたん桜公園には、無料駐車場があります。

およそ70台を駐車できるようになっていますが、離合が出来ないほど細い道の先。

そのため、花見シーズンは一方通行となっていますのでご注意ください。

駐車場は道沿いにあるため、マップでひょうたん桜公園へ向かって行くと、案内板があります。

アクセス

【バス】

  • 土讃線佐川駅~黒岩観光バス狩山口・川渡方面行き 27分 → 大崎下車 徒歩1時間

【車】

  • 高知自動車道伊野IC~国道33号 仁淀川町方面 約1時間

山を登った所にあるため、アクセスはとても悪いです。

しかし、「ドライブで行きたい場所」としてや「ライダー」に人気の場所でもあります。

山道に慣れていない人は、十分ご注意ください。

ひょうたん桜公園 花見 混雑状況

ひょうたん桜公園の花見シーズン、混雑状況はどうでしょう。

ネットの声を参考に調査しました。

ひょうたん桜を見ようと、各地から参列している人が多くいます。

朝9時頃が見頃なので、朝早くから花見客がいるようです。

平日でも人が多かったという声もあるため、混雑が予想されるでしょう。

駐車場も待ち時間が長いと1時間にもなります。

道も狭いので、慣れない人は時間に余裕をもって行きましょう。

例年からして、シーズン中はおよそ1万人が来園するそうです。

ひょうたん桜公園 花見 開花状況

ひょうたん桜公園の開花は、3月下旬。

4月上旬まで見ごろが続くでしょう。

しだれ桜は少し早めに咲くので、シーズン入ると散り始めているかもしれません。

ひょうたん桜に並んで、芝桜も人気です。

しかし、イノシシの被害でキレイに開花しないのもあります。

写真スポットはたくさんあるので、自分だけの穴場を見つけるのも楽しそうですね。

自然とともに生きている場所なので、他にもたくさん見どころがありますよ。

ひょうたん桜公園2024花見の駐車場やアクセスは?混雑状況や開花状況も調査まとめ

今回は、ひょうたん桜公園の花見情報についてまとめました。

  • 天然記念物に指定された「ひょうたん桜」が1本ある
  • 樹齢500年、高さ21m、根本周り6m
  • 無料駐車場完備で、シーズン中は一方通行
  • 平日でも人が多く参列するため、混雑が予想される
  • 3月下旬に開花し、3月末から4月上旬まで見頃

以上のことが分かりました。

まだまだ長生きしてほしい「ひょうたん桜」。

天然記念物に指定されている桜を見てみたい人は、ドライブがてらに行ってみてください。

Multiplex

-イベント