時事

名古屋市昭和区の救急車呼ばなかった養護教論は誰?事なかれ主義の実態は!

安倍元首相襲撃事件犯人

2022年7月5日、名古屋市昭和区の小学校で生徒が顔面骨折し嘔吐したにも関わらず、救急車を呼ばなかったとして、小学校の養護教論がありえないと話題になっています。

名古屋市昭和区の小学校で児童が顔面骨折

5日午後1時過ぎ、名古屋市昭和区の小学校で、5年生の男子児童が友達を負ぶって遊んでいたところ、つまずいて転倒し、顔面を骨折する大けがをしましたが、学校が救急車を呼ぶなどの対応をしていなかったことがわかりました。

男子児童は、保健係のクラスメイトと、養護教諭がいる保健室に行き、目がぼやけていて、焦点があわないことを訴え、嘔吐もしました。

しかし、学校は救急車を呼ぶなどの対応をせず、学校に駆け付けた母親が救急車を呼びました。

引用:TBS

母親の証言によると

  • 男の子の顔が真っ青だった
  • 嘔吐していた
  • 物が二重に見えると訴えていた

という状態だったようです。

救急車を呼ばなかった小学校は滝川小学校?

ネットでは、児童が顔面骨折したにも関わらず救急車を呼ばなかったのは滝川小学校ではないかと騒がれています。

 

滝川小学校の養護教論は誰?

男の子が嘔吐しても

「なんで目を打ったのに吐くの?」

と信じられない発言をしていたことが判明。

(男子児童) 「保健室の先生が僕にちょっときつい言い方で『目をぶったのになんで吐くの?』って言った」

引用:Yahoo!

物が二重に見えることも訴えたのですが、救急車を呼んでもらえなかったとか。

養護教論については

男性

ということのみ判明しています。

 

滝川小学校の校長は山口校長

養護教論によれば、救急車の要請は校長の許可がないと出来ないと発言し滝川小学校の校長に注目が集まっています。

校長は山口修司校長。

顔画像などは調査中です。

滝川小学校は事なかれ主義?

滝川小学校について口コミを見ていると

きちんとした理念があるかもしれませんが、保護者には伝わってこないです。

一言で言えば、「超事なかれ主義」です。

塾に通っている子が多く、授業がつまらないのか学級閉鎖状態

授業はわからない子に合わせるのではなく、わかる子に進行をあわせている

と、超事なかれ主義とまで言われていました。

まとめ

顔面骨折した男子児童が通う小学校は滝川小学校である可能性が高いこと。

また養護教論についても情報はほとんどありませんでした。

校長については山口修司校長ということは判明しましたが、顔画像などは不明でした。

今後情報が分かり次第追記します。

 

 

 

-時事

© 2022 everydaytopi Powered by AFFINGER5