スポーツ

スティーブ・カンバーランドの死因は?ワクチンは打っていたの?とネットの声

スティーブ・カンバーランドの死因は?ワクチンは打っていたの

ヘッドフォワードコーチを務めるニュージーランド出身のスティーブ・カンバーランド氏が2022年4月17日に亡くなったことを発表しました。

57歳というあまりにも早い訃報に、ネットでは悲しみの声が相次いでいます。

スティーブ・カンバーランド氏の死因は何だったのでしょうか。

スティーブ・カンバーランドが死去

 ラグビーリーグワンの神戸は18日、ヘッドフォワードコーチを務めるニュージーランド出身のスティーブ・カンバーランド氏が17日に亡くなったことを発表した。死因は不明。57歳だった。

引用:ライブドアニュース

スティーブ・カンバーランドの死因は何?

チーム関係者によると、同氏は16日に開催された埼玉戦(熊谷)にも帯同。

その日の午後10時頃、新神戸駅に着き、神戸市内にある自宅に戻った。

同じマンションに住むほかのスタッフ陣とも「また明日」と言葉をかわして別れたという。

 翌日、同氏はコーチミーティングに現れず。

ニュージーランドに残す家族から「(カンバーランド氏と)連絡が取れない」とチームに連絡が来たため、マンションの管理会社に連絡。

事情を説明してカギを開けてもらいチーム関係者が入ると、寝室に意識のないカンバーランド氏がいたという。

引用:ライブドアニュース

前日まで元気で、しかも持病なども全くなかったスティーブ・カンバーランドさん。

何があったのでしょうか。

急死の原因は?

突然死や急死の原因として考えられるものは

  • 脳出血
  • くも膜下出血
  • 心筋梗塞

などが挙げられます。

どちらも、発症から24時間以内に亡くなってしまう可能性が高いと言われています。

ワクチンは打っていたの?

ネットの情報を見ていると

とワクチン接種が原因なのでは?

という声もありました。

ですが、報道を見る限りワクチンを打っていたのか、何回打ったのか。

最終はいつ打ったのか。

などの詳細は記載されていませんでした。

ネットの声

まとめ

日本ラグビー界に貢献頂いたコベルコ神戸のスティーブ・カンバーランドさんの死因について調査しました。

あまりにも早い訃報に、悲しみの声が相次いでいます。

ご冥福をお祈りします。

 

 

-スポーツ

© 2022 everydaytopi Powered by AFFINGER5