時事

ストロング小林こと小林省三の死因は何?激痩せ寝たきりだった真相も調査!

ストロング小林こと小林省三の死因は何?激痩せ寝たきりだった真相も調査!

元プロレスラーのストロング小林・小林省三さんが亡くなったと令和4年1月6日に発表されました。

死因は公表されていませんが、ネットの情報では寝たきりだったという声もあります。

ストロング小林・小林省三が死去

アントニオ猪木氏と「昭和の巌流島」と呼ばれる名勝負を繰り広げたことで知られる元プロレスラーのストロング小林こと小林省三さんが死去していたことが分かった。81歳だった。

近しい関係者によれば小林さんは昨年末に都内の病院で亡くなった。死因は不明だという。

引用:yahooニュース

 

ストロング小林さんの死因は一体何だったのでしょうか。

 

ストロング小林の死因は?激痩せ?

yahooコメントによると

長らく寝たきりだったと思います。
猪木戦は未来永劫語り継がれる一戦です。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

というコメントがありました。

 

寝たきりになっていたということは、足腰が悪くなったのか。

81歳で元気な方は多く居ますが、ころんだことにより寝たきりになる人も大勢います。

ストロング小林さんがなぜ寝たきりだったのか。

情報が分かり次第追記します。

かなり痩せていますね。

 

まとめ

ストロング小林さんの死因について調査しました。

ご冥福お祈りいたします。

-時事

© 2022 everydaytopi Powered by AFFINGER5